2016年2月17日水曜日

上越タイムスが取材に来ました!(メープルシロップ)

北陸新幹線上越妙高駅から車で15分!

炭焼き職人の隠し湯 矢代温泉

矢代ふれあいの里 友楽里館(ゆらりかん)へようこそ!




昨冬から楓の樹液を採取し、煮詰めてメープルシロップを作りました。
樹液を採取できるのは春先の樹木が芽吹く前の時期だけです。


今年は昨年よりもたくさん採取するために、樹液が出始めるその日を逃さぬよう
天候を良く観察し、地元の新聞 上越タイムスさん、妙高市役所農林課のみなさんと一緒に、
雪が降る中スノーシューを履いて楓の森の様子を見に行ってきました。

【 2月10日の様子です 】
今年は例年に比べ雪が少なく、背の低い木や枝がたくさん
出ているため昨年より少し歩きづらいです。

現地に到着。
早速穴を開けてみました。


作業の様子を上越タイムスさんが撮影しています。


他こんな斜面で作業しています。



今年は一泊二日のイベントとしてメープルシロップ作り体験を企画しました!
イベントの詳しい内容はこちらのブログをごらんください。
『 ブログ メープルシロップ作り体験 in 矢代ふれあいの里 友楽里館 2016 』

2月17日の上越タイムスに早速記事が掲載されました!
副館長と矢代山里案内人の隊長が写真に写っています♪



  矢代ふれあいの里 友楽里館 

日帰り入浴 営業時間 10:00~20:00(19:30最終受付)
(H27年12月28日~H28年3月31まで冬季営業時間です)

入館料
大人 480円 小人 200円 (0才~2才は無料です)

北陸新幹線『上越妙高駅』から近く車で15分ほどで到着します!

↓詳細はこちらをご覧下さい↓