2014年9月12日金曜日

笹ずし作り体験
~新潟県妙高市の郷土料理~



新潟県妙高市 日帰り入浴もできる温泉宿 
『矢代ふれあいの里 友楽里館』にて笹ずし作り体験が行われました。



新潟から専門学生が来館し、妙高市の郷土料理『笹ずし』作り体験をしました。
今回は短時間での体験だったので、すし飯や具材はあらかじめ先生に用意していただいて、みなさんには盛り付けをしていただきました。

清水先生のわかりやすい説明でみなさん楽しく盛り付けました。
今回は新潟市の学生さんが体験に来てくれたのですが、こういった笹ずしは新潟市のある新潟県の下越地方ではあまり作られていないそうです。
笹があまりないことが理由でないかと学生さんは予想していましたが、友楽里館の館長が、「みょうがの葉でもいいんだよ」と教えてあげると、「みょうがなら近くに生えているので作れそうだな」と言っていたそうです。
中には竹の子を角に見立て、鬼の顔のような盛り付けをした学生さんもいました。定番の盛り付けばかりしている妙高市民ですが、このような学生さんの自由な発想が見れてとても良かったです。
アイディア次第で見慣れた郷土料理も新しい料理になりますね。

だれでも簡単に作ることができます。
笹を敷き酢飯の上にお好みの具材をのせるだけです。
妙高市の定番は、ぜんまいと根曲がり竹(姫竹)ですが、
新井地区では昔、わらびなどもよくのせたそうです。
フキ味噌や玉子焼きもおいしいですし、大根の味噌漬けをのせるお家もあるそうです。
地域や家庭によってさまざまな具をのせて楽しみます。

時には笹を箕の形にした『笹箕ずし』を作ったりもします。
今回も作ったのですが、残念ながら写真はありません。

『箕』とは『み』と読むのですが、竹などで編んだ農作業の道具です。ちりとりのような形をしていて、今では編んだ物より、ホームセンターなどではプラスチック製の物がよく出回っています。
みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

妙高市民は一年中いつでも笹ずしを作れるように笹を冷凍保存しています。冷凍しても笹は傷まずに保存できますよ。

具がなくなった場合は具なしでもOK。
笹に酢飯をのせて笹の香りだけで食べるのもおいしいんですよ。

こちらは先生のお手本です。











矢代ふれあいの里 友楽里館では笹寿司作り体験を行っています!
5名様以上でご予約ください。


お問い合わせ

矢代ふれあいの里 友楽里館

新潟県妙高市西野谷新田256-1
電話   0255-72-8686
メール info@yurarikan.net
HP   http://yurarikan.net