2014年9月12日金曜日

笹ずし作り体験
~新潟県妙高市の郷土料理~



新潟県妙高市 日帰り入浴もできる温泉宿 
『矢代ふれあいの里 友楽里館』にて笹ずし作り体験が行われました。



新潟から専門学生が来館し、妙高市の郷土料理『笹ずし』作り体験をしました。
今回は短時間での体験だったので、すし飯や具材はあらかじめ先生に用意していただいて、みなさんには盛り付けをしていただきました。

清水先生のわかりやすい説明でみなさん楽しく盛り付けました。
今回は新潟市の学生さんが体験に来てくれたのですが、こういった笹ずしは新潟市のある新潟県の下越地方ではあまり作られていないそうです。
笹があまりないことが理由でないかと学生さんは予想していましたが、友楽里館の館長が、「みょうがの葉でもいいんだよ」と教えてあげると、「みょうがなら近くに生えているので作れそうだな」と言っていたそうです。
中には竹の子を角に見立て、鬼の顔のような盛り付けをした学生さんもいました。定番の盛り付けばかりしている妙高市民ですが、このような学生さんの自由な発想が見れてとても良かったです。
アイディア次第で見慣れた郷土料理も新しい料理になりますね。

だれでも簡単に作ることができます。
笹を敷き酢飯の上にお好みの具材をのせるだけです。
妙高市の定番は、ぜんまいと根曲がり竹(姫竹)ですが、
新井地区では昔、わらびなどもよくのせたそうです。
フキ味噌や玉子焼きもおいしいですし、大根の味噌漬けをのせるお家もあるそうです。
地域や家庭によってさまざまな具をのせて楽しみます。

時には笹を箕の形にした『笹箕ずし』を作ったりもします。
今回も作ったのですが、残念ながら写真はありません。

『箕』とは『み』と読むのですが、竹などで編んだ農作業の道具です。ちりとりのような形をしていて、今では編んだ物より、ホームセンターなどではプラスチック製の物がよく出回っています。
みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

妙高市民は一年中いつでも笹ずしを作れるように笹を冷凍保存しています。冷凍しても笹は傷まずに保存できますよ。

具がなくなった場合は具なしでもOK。
笹に酢飯をのせて笹の香りだけで食べるのもおいしいんですよ。

こちらは先生のお手本です。











矢代ふれあいの里 友楽里館では笹寿司作り体験を行っています!
5名様以上でご予約ください。


お問い合わせ

矢代ふれあいの里 友楽里館

新潟県妙高市西野谷新田256-1
電話   0255-72-8686
メール info@yurarikan.net
HP   http://yurarikan.net



2014年9月8日月曜日

盆花が咲いています! ~新潟県妙高市東志~


新潟県妙高市 日帰り入浴もできる温泉宿♪

妙高市矢代地区東志から三本木まで抜ける農道の脇にある田んぼに盆花が咲いています。
ミソハギ(禊萩)という花で、盆花としてよく使われ、ショウリョウバナ(精霊花)という別名もあるそうです。
ミソハギの和名の由来はハギに似て(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれる。(出典Wikipedia)


ぜひ矢代地区へお出かけください♪
場所は矢代ふれあいの里『友楽里館』から車で約3分妙高市矢代地区東志


お問い合わせ


新潟県妙高市西野谷新田256-1
電話   0255-72-8686
メール info@yurarikan.net
HP       http://yurarikan.net




2014年9月1日月曜日

友楽里館前広場 プランター稲の様子100日後
~矢代のこしひかりができるまで~

米どころ!新潟県妙高市にある矢代ふれあいの里『友楽里館』です!

コシヒカリ田植え体験!


2014年5月24日(土)にお客さまと友楽里館前広場で田植え体験をしました。
100日でここまで大きくなりました。

最近は夕立も多く強く降る雨で稲が倒れないかと心配していましたが、今の所被害を受けた稲はなさそうです。
本日14時に様子を見に行った時は曇り空だったのですが、14時15分になると突然強い雨が降ってきて14時30分になるとぴたりと止みました。その後も降ったり止んだりを繰り返していました。

9月21日が当初の稲刈り予定日でしたが、やっと穂が出たばかりですし、まだ穂が出ていない稲もあるので、稲刈りは延期になりそうです。


時間 : 14時00分
天気 : くもり
気温 : 26.5℃

全体的に葉が黄色くなってきました


虫の影響か、もしくは病気でしょうか
白や茶に変色しています


お問い合わせ

矢代ふれあいの里 友楽里館

新潟県妙高市西野谷新田256-1
電話  0255-728686
メール info@yurarikan.net
HP     http://yurarikan.net